2017年08月23日

湘南ポモロントマトレシピ〜ポモロンの特徴を活かす!ご馳走メニュー〜「湘南ポモロントマト肉じゃが」  〜薬膳と栄養学のイイトコ取りレシピ〜湘南茅ケ崎健康料理教室「GreenCooking-ABE」

湘南茅ヶ崎 少人数制の健康料理教室 「GreenCooking-ABE(グリーンクッキングアベ)」

当教室は、NPO日本食育インストラクター協会認定の
「食育インストラクター養成推進校」です。
当教室の生徒さんは、教室で資格取得試験を受験、取得することができます。(該当級あり)
上級への道もあります。

地産地消!食育の柱の一つです。
神奈川で生まれた「湘南ポモロン」。 
生食はもちろん、加熱しても美味しいトマトを作ろう!という、
神奈川県の熱い思いから、長い年月、研究と情熱をかけて生まれました。

当教室がある茅ヶ崎市は、この「湘南ポモロン」の生産と販売の普及に力を入れています。

当教室は、このトマトがまだ研究段階で、名前が付く前から
神奈川県農業技術センター様からのご紹介で、教室の教材として使わせていただいていました。

ですので、生徒さんは何年も前からこの「ポモロン」は、お馴染み!


そこで、当教室でレッスンしたレシピをご紹介することにいたしました。


湘南ポモロントマトの肉じゃが
DSCN0328.JPG

<材料 3〜4人分>
ニンニク・生姜各1欠 ・ 牛肉切り落し100g ・ 有機EXVオリーブ油
人参太5cm〜細10cm ・ 玉葱小1個 ・ じゃが芋大1個 ・ 糸蒟蒻1/2P

@水1C・粉末椎茸粉大1/2 A赤ワイン大1・素焚糖大1/2
B醤油小1・カゴメ有機トマトケチャップ大1/2
C醤油小1〜
湘南ポモロン(赤)1個 ・ 貝割れ菜など


<作り方>
1.ニンニクは輪切り、生姜は千切り。肉はザク切り。人参は5cm櫛形、玉葱とポモロンも櫛形。
  芋は皮を むいて水に晒し、櫛形に切る。蒟蒻は下茹でして、ザク切り。
2.オリーブ油でニンニク生姜を香りよく炒め、肉を加えて九分通り炒めたら取り出す。
3.2の鍋に人参と玉葱を加え、軽く炒めたら@と芋と蒟蒻を入れ、
  沸いたらAから順に入れながら味を煮含める。
4.野菜が柔らかく、煮汁が減ってきた頃、Cと2とトマトを加え、仕上げる。
5.盛り付けて青みを飾る。

<湘南ポモロンならでは!の ポイント>
湘南ポモロンは、肉質がしっかりしているので、煮込んでも型崩れしにくく
とても扱いやすいトマトです。
他の品種のトマトでは、煮崩れて溶けやすいので、水っぽくなりやすいですが、
形もそのままなので、上手に仕上がります。

形がきれいですので、盛り付けも美しく仕上がります。

生徒さんから、他のトマトでは同じようにいかない!ポモロンだから、上手にできる!
だから、ポモロンが欲しい〜!

とのご要望を受けました。

ポモロンの普及を願い、
ポモロンの特徴を活かし、ポモロンならでは!のレシピを考案いたしました。
実際、実習して作っていただくと、それが伝わり、大変嬉しく思いました。



こちらのレシピは、GreenCooking-ABEにてレッスンしたものです。
商業用での無断転用、使用は禁止致します。
商業用としての使用をご希望の方は、教室までお問い合わせください。




生徒の皆さんに、お料理って楽しい! 手作り料理っておいしい!
と感じていただけるような、料理教室にしています。

教室の内容、レッスンの様子などの詳細は
ホームページでご確認ください ↓
https://greencookingabe.jimdo.com/










[http://food.blogmura.com/cookingschool/ にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ(文字をクリック)]



「レシピブログ」ランキングに参加中!よろしければ文字をクリックしてくださいね
posted by グリーンクッキング at 07:00| Comment(0) | 湘南ポモロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: